流星塾日誌

ゆかり王国在住、草加(くさか)の雑記処

流星塾日誌 header image 2

MHSでSAOの光剣を作って遊ぶ #2 Material Choise

2015年07月09日 by 草加

と、言う訳でMHSシステムベースでHiltを組み上げ、追加外殻として装飾を施して完成させるスタイルで行こうと思います。

SAOの光剣を作って遊ぶ、と題してますがただ単に釣り針を鋭くしてるだけなので正しくは

「フルカラーRGBシステム搭載のカスタムライトセーバーを作る」

となります。主にTCSSやplecterlabsの入荷待ちとの戦いになります。
下記パーツ群の中には妥協した一時的なパーツも含まれます、ご注意下さい。

購入材料及び購入先
(それぞれのサイトには→のリンクから飛べます)

■TCSS
・8-32 Tap & drill set
 イモネジで色々固定したり、スリーブ固定やらに使います。
 ヘックスローブ式なので日本では探すのが面倒&意外と高いです。
 パーツ購入の際に揃えてしまいましょう。

・Tap handle
 コレは日本で購入してもOK。

・16mm Anti Vandal Momentary Brass Switch (妥協・要変更)
・16mm Anti Vandal Short Momentary Purple Ring Switch
・12mm Anti Vandal Momentary Red Ring Switch
・12mm Anti Vandal Momentary Purple Ring Switch
 ぶっちゃけこの辺はアキバでも買えますがTOPが平面のものだったりすると面倒なので
 一緒に買ってしまいましょう。

・MHS speaker mount V5 – For 28mm Speakers
・18650 Single Cell Holder
 14500*2か18650*1か、等駆動システムベースで選びましょう。
 14500はTrustFireでも900mAh程度、18650はPANAで3400mAh前後の容量になるので
 18650で組み上げると楽です。スペーサとか自分で作れるならLi-Poでも行けます。
 ※充電システムを正しく理解できてないならば18650/14500セルにして下さい

・Premium 28mm Speaker
・Kill plug style 5
・20mA DynaOhm™ Variable Resistor *幾つか買っておく
・Switchcraft 2.1mm Power Jack
・Super Lube Synthetic Grease
・3.5mm R.I.C.E.™ Port Style
 要は3.5mmステレオジャックですが。小型の物は珍しいのでここで。

・USB to 3.5mm R.I.C.E.™ cable
・Petit Crouton V3 Color Xtender
 今回採用のCFV7.5では混色対応してますが、フルカラーRGBをPWM混色ではなく
 ちゃんと混合配色するのであればカラーエクステンダーを購入して下さい。
 FoC(Flash on Crash)を使うならPower Xtenderも。

・Hilt style 3
・MHS choke style 1 short
・MHSV1 Blade Holder Style 7
・MHS Heat Sink V4 (Flat Style)
・MPS Pommel style 7
・MPS Clip
・MPS insert style 12
・Activation box style 18
Kingdom4
 こんな外見になります。Activation Boxはぜひとも採用しましょう。
 組み込み、及び内部手入れの際の分解がグッと楽になります。

・LED “TCSS style” Battle blade 1″ OD
 私は手持ちのブレードを使いますので上記は買っていません。
 Complete Bladesから。Show bladeは結構頑丈ですがやっぱり折れます。
 長さは好きなモノを選んでくれて構いませんが、32inch~36inch程度が無難です。

■Plecterlabs
・Crystal Focus Saber Core™ V7.5
 心臓部です。
 多分世界最高のカスタムボードです。Obsidianとか比較にならんです。
 145EURほどしますが、130USD位の他のボードを買うなら入荷をまってコチラを買って下さい。
 
・Crystal Focus v6/v7 Color Xtender
 私はCFを入荷後速攻買い占めたためColorXtenderの注文をど忘れしましたが、
 Color Xtenderはココで買ったほうが多分最新版が届きます。
 とは言ってもXtenderはタダの昇圧整流器なのでTCSSのプチクルトン用も同一品です。

まぁ部品だけ並べても何が出来るのよ、なんて感じですね。では可能な事を簡単にご紹介。

Crystal Focus Saber Core v7.5 User’s Manual

ちなみに正しく知るにはちゃんとManualを読むこと。英語が読めない?
読めなくても読み続けてればスグ読めるようになります。

●5.5V~11Vで駆動。3.5Aまで対応。リチウムイオンセル2セルにて動作。(18650は1セルも可能)
●音の変更が可能(16bit WAVファイル対応)
●アイドル時消費電力10mA
●スピーカーは4Ω~8Ω対応
●オーディオ出力:2W
●アクセントLED:8素子まで対応。各素子18mAまで使用可能。
●オンボードPLI
 ※PLI:Power Level Indicator 要するに残りパワー(電力)の表示
●Blade mirroring accent LEDs
 アクセントLEDにブレードカラー反映可能。

●Handles momentary or latching for blade activation
 起動はモーメンタリスイッチでもラッチングスイッチでも可能

●オーディオメニューで12サウンドバンクを切り替え可能
●ブラスター偏向・フォースプッシュ・フォースクラッシュ・Lockup(つばぜり合い)サウンド対応
●スタブ(突き)サウンド、スピンサウンド、コンボサウンド対応。
●ブレードの明滅&コアパルス変色対応
●ブレード衝撃時にチラ付き対応
●ブラスターサウンド再生可能
●4種の起動音・16種のスイング音・16種のクラッシュ音対応
●Flash on Crash対応(シバきあった時に色が変わる)
●誤動作防止機能
●ジェスチャーでブラスター偏向
●Power on Force™
 ジェスチャーで起動可能

●ヒルトの角度による起動音セレクト可能
●無音起動可能
●収納音切り替え可能
●待機モード設定可能&節電時間設定可能
●モーションでウェイクアップ対応
●モーションで起動対応
●アクセントLEDシーケンスは32段階
●クリスタルチャンバーサポート
 dsc_00162
 クリスタルチャンバーにLED使ってこういうことが可能

●音楽再生も可能

●ファイルなどは最大16GBのSDカードに入れて設定可能
●4チャネルカラーミキシング可能(RGBW/RGBA)
●R.I.C.E.ポートによるリアルタイム設定可能

本当になんでも出来ます。鉄の両断とかは出来ませんが。(笑)

で、一工夫加えるとオタク垂涎のアイテムが作れるのですが、それらの紹介は完成時にでも。

タグ : コメント(0)

コメントする

コメント(0)

コメントはまだありません。